ランダム成分の増大

  • PETでは、装置のシステム感度が上がると、指数関数的にランダムと呼ばれる不要な成分が増大してしまいます。これは、画像のコントラストを劣化させる要因です。

Time of Flight(TOF)

  • TOFは、2つのガンマ線が検出器に入る時間差を計測し、そこから発生位置をより正確に推定する技術です。
  • TOFは、感度そのものをあげるものではないため、ランダムを抑えたまま、実効的な感度を向上させることができます。
  • TOFは、対象物のサイズが大きくなるほど、効果が高まることから、PET画像の課題であった体型による画質劣化の改善が期待されます。

TOFの高性能化

  • TOFの性能を示す「TOF時間分解能」の向上により、これまで効果が弱かった小柄な患者、頭部などの小さい対象においても、その恩恵を得られるようになります。