先を見据えた基礎設計

Future-oriented Design

SiPMと呼ばれる半導体光センサーの登場により、デジタルPETの時代がスタートしました。飛躍的なTOF性能の向上により、高画質化はもちろん、投与量の低減や検査時間の短縮などの応用が期待できます。加えて、体軸方向検出器幅の拡大により、全身検査のスループット自体の向上や、脳、心臓、腹部を1回で撮像できるなど新しい展開が進んでいます。
キヤノンは、これらのニーズを踏まえて、将来を見据えた設計を行い、幅広い用途へ対応できること、さらにはさまざまな設置環境へ対応できるPET-CTとして、Cartesion Primeを開発しました。
  • 4.1mm x 4.1mmの高分解能LYSOシンチレータ
  • シンチレータと光センサーを1対1でカップリング
  • 280ピコ秒未満のTOF時間分解能を達成
  • 体軸方向検出器幅を270mmまで拡大
  • 独自の空冷技術でチラーレス設計を実現

最新のCT技術を搭載

Equipped with the latest CT technology

PET-CT装置のCT部に求められることは何か?その答えはCTの最新技術につながります。CTならではの高分解能、全身撮影となることからの高速撮影、かつ低被ばくを両立したい。さらには、PET画像の補正にCT画像を使うことから、金属アーチファクトを改善したい。そんなニーズにお応えするべく、最新のCT技術を搭載し、PET-CT検査を支えます。
  • 高速撮影と高精細を両立する 0.5mm×80 列システム
  • 新開発のX線光学系技術 PUREViSION Optics
  • 被ばく低減技術 AIDR 3D Enhanced
  • 金属アーチファクト低減処理 SEMAR


AIDR : Adaptive Iterative Dose Reduction
SEMAR:Single Energy Metal Artifact Reduction

安心・円滑な検査を支援

Safe and Smooth

PET-CTは2つの装置を組み合わせていることからくる大型化は避けられません。そのため、閉塞感を低減する工夫と、長時間検査での負担に配慮した受診者様視点での取り組みが必要です。一方で、安全かつスムーズな検査を実現すべく従事者様は日々取り組まれています。Cartesion Primeでは、1cmの違いが大きな効果を生むと考え、操作性の細部にこだわりデザインしました。
  • 閉塞感を低減するワイドボアとフレアデザイン
  • ゆとりを感じるワイド天板
  • スムーズな乗降を支援する低床寝台とフットスイッチ
  • 撮影計画画像上で位置調整できるSUREPosition
  • 撮影対象を視野中心にできる寝台左右動
  • コンパクト設計


*Option