胸部頭部四肢腹部

ー非造影MRAとは

非造影MRAは造影剤を用いずに全身の血管を描出することができる検査方法です。
 血管を描出する方法としてCTAやDSAがありますが、X線による被ばくやヨード造影剤の副作用が問題として挙げられていました。また、MRIにおいて使用されるガドリニウム造影剤はヨード造影剤と比較して副作用の発生頻度が少ないと言われていますが、腎性全身性線維症(NSF:Nephrogenic Systemic Fibrosis)が問題になり、腎機能低下患者へのガドリニウム造影剤使用に関するガイドラインやFDAからの注意や禁忌の勧告などが話題になりました。
 このような背景の中、非造影MRAは年々進化を遂げ、現在は全身の血管の描出あるいは動態観察に利用されています。造影検査のような手技やタイミングによる失敗がなく、術前・術後の評価を繰り返し行えるなど、臨床面や検査面におけるメリットは非常に大きいです。

ーFBI(Fresh Blood Imaging)法の誕生秘話

FBI法開発の歴史は、ユーザーとの熱きコラボレーションそのものです。
 きっかけは偶然の産物でした。
 とある日、1人のMRI担当技師さんがFASE法で撮像した3D MRCPの画像に、胆管、膵管のみでなく肝静脈が描出されていることに気づきました。
その技師さんはすぐさま、懇意にしていた宮崎美津恵さん(当時、弊社開発部に在籍)に連絡しました。宮崎さんは、当時まだ知られていなかったカメラのシャッタースピードに当たるEcho Train Space(ETS)短縮効果により肝静脈などの血流を非造影で描出できることを発見しました。その発見は、足掛け10年以上にもわたる長い道のりの始まりでした。初期FBI法で課題であった末梢血管の描出能を向上させるべく、多角的な臨床評価が重ねられました。学会発表や画論など全国の技師さんやドクターから寄せられた様々な評価やアイデアが次第に集積し、臨床的有用性のある技術の誕生へと繋がったのです。当時のユーザーの先生方と開発チームに共通する熱意の根源はただ一つ。今は当社の経営スローガンにもなっている『Made for life』の理念でした。

Press Releases
令和3年春の褒章において「紫綬褒章」を受章
-造影剤を用いずに血管を良好に描出できるMRI装置の開発-

当時MRIでは造影剤を用いず血管を描出する方法としてすでにTime of Flight(TOF)法が在りました。しかしTOF法は血流の遅い血管や撮像断面に平行して流入する血管が描出されにくいという問題があり、頭部以外の血管描出では主に造影剤を用いた検査が行われていました。
 また流速による位相差を利用したPhase Contrast(PC)法は、目的流速に近い血管のみを画像化するため血流速度が大きく変化する疾患や部位を正確に描出することは困難だったのです。このように、MRIは原理的に非造影の血管描出が可能ではありながらも部位や疾患の適応範囲が限られ、さまざまな疾患や全身の血管への幅広い応用には未到達だったのです。
 
 このような背景の中、「患者さんに安心安全な検査を受けて欲しい」という現場の先生方や開発チームの熱い想いで誕生したFBI法をベースに、非造影MRAの課題を解決し限界を超えるためのチャレンジが続きました。現場の先生方との密接な連携で適応を広げた非造影MRAは、現在様々な疾患や部位に活用され、患者さんのための医療に貢献しています。
 当社は今後も開発の歩みを止めることはありません。臨床と開発の垣根を超え、さらなる非造影MRAの発展に努めて参ります。

FBI Pageはこちら