循環器MRIアプリケーション

CadioLine+

アプリケーション特長

システムが心臓の基本断面の決定をアシスト

CardioLine+は、心臓の複数の特徴部位の統計的なパターンを認識する事例ベースの部位推定技術により、体格差や性別、多種多様な症例の影響を受けることなく自動的に心臓の位置や向きを調べて、心臓MRI検査の基本断面の位置決めを精度よく行います。




1回の息止め撮像で心臓の基本断面を位置決め

CardioLine+により、従来撮像までに必要だった複数の位置決め用の息止め撮像が不要になります。たった1回の息止め撮像で心臓の基本断面の位置決めが終了します。検査時間を大幅に短縮でき、患者さんの負担を大きく減らす事が可能になります。




全14 断面の位置決め情報を、1回の位置決め撮像で取得

CardioLine+

CardioLine+では従来の左室6断面に加え、右室と弁および流出路など8断面をプラスし、位置決めをさらに効率よくアシストします。複数回の息止めをすることなく、わずか1回の息止め撮像で14断面の取得が可能なので、撮像時間の短縮化とともに被検者の息止め負担を軽減します。




難しいといわれる心臓検査の設定操作を大幅に自動化

SUREVOI™

一般的な心臓MRI検査では、検査時間の約43%は設定など手動による操作に費やされます(当社調べ)。 生体構造の認識技術によって心臓位置を自動把握するSUREVOI、CardioLine+などのアシスト技術が検査時間に対する操作時間の割合を9%にまで削減します(当社比)。寝台位置設定、MRCA検査の横隔膜同期プローブの設定など、様々な撮像アライメントを素早くアシストし、難しい心臓検査をルーチン検査として運用することを可能にします。




  • 3次元での生体構造認識
  • 装置の自動アラインメント
  • イメージングアシスト