IVD
(ジカウイルスRNA)
製品紹介

等温増幅蛍光測定装置 Genelyzer MⅢ

主な特長

軽量

1.75 kg

バッテリ駆動

モバイルでの使用が可能

簡単操作

タッチスクリーンで、リアルタイムに遺伝子増幅のモニタリングが可能

Genelyzer MIII カタログ(PDF)

検査フロー

基本仕様

製品内容測定器本体、 ACアダプタ、 電源コード、タッチペン
サンプル数8ウェル(8連チューブストリップ×1)
寸法250(L)×165(W)×85(H) mm
重量1.75 kg
温度制御範囲40℃ ~ 99℃
温度精度±0.5℃
動作環境温度10℃ ~ 40℃
湿度90%R.H. 以下(結露なきこと)
気圧800 hPa ~ 1050 hPa
輸送・
保管環境
温度-10℃ ~ 50℃
湿度90%R.H. 以下(結露なきこと)
気圧800 hPa ~ 1050 hPa
光学検出系
チャネル 1励起波長:470 nm、 蛍光波長:510 nm ~ 560 nm
チャネル 2励起波長:590 nm、 蛍光波長:620 nm以上
バッテリータイプリチウムイオン電池
バッテリー容量40 Wh
ACアダプタ入力電圧、 周波数単相AC 100 V ~ 240 V、 50 Hz ~ 60 Hz
最大消費電力(測定器本体)150 W

●改良のため仕様・外観の一部を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

[一般的名称] 微生物分類同定分析装置
[販売名] 等温増幅蛍光測定装置 Genelyzer MⅢ DGL-0002A
[製造販売届出番号] 09B1X00003000082

ジカウイルスRNA検出試薬

測定原理

■本製品は、核酸増幅法Loop-Mediated Isothermal Amplification(LAMP 法)により、全血、血清又は尿から抽出されたジカウイルスRNAを検出する体外診断用医薬品です。

■本製品のプライマーは、Glycoprotein E領域に対応するよう設計しています。

※栄研化学株式会社が開発した核酸増幅法

Genelyzer KIT カタログ(PDF)

操作概要

検出結果の表示例

基本仕様

基本情報
貯法-50℃ ~ -20℃
対象検体全血、 血清又は尿
有効期間6ヵ月間
包装単位48テスト分
検査時間30分
商品構成
Isothermal Master Mix450 μL X 2本
12x逆転写酵素溶液20 μL X 1本
Primer mix250 μL X 1本
陽性コントロール50 μL X 4本
RNase-free水1000μL X 1本
添付文書1枚


※本試薬は、等温増幅蛍光測定装置Genelyzer MⅢの専用試薬です。