BRDC 関連の9種の病原体の遺伝子を
一括検出することができます。

GenelyzerTMA/BRDC-C 研究用

牛の感染症による死亡は畜産業に多大な損害を与えており、死亡率低減による生産性向上が求められています。
ウシ呼吸器病遺伝子検出キットは、DNA検査装置「Genelyzer™ Ⅱ」で使用します。抽出済みの核酸サンプルを増幅試薬と混合後、DNAチップカードに添加し、装置にセットすることで、簡便・迅速にBRDC関連の9種の病原体の遺伝子を一括検出することができます。

※BRDC:Bovine Respiratory Disease Complex, 牛呼吸器病症候群.

本製品は、医薬品医療機器法の対象外製品の為、診断、治療を目的とした販売、授与はできません。
研究・実証実験・評価用としての使用を想定しています。

ウシ呼吸器病遺伝子検出キット 主な特長

Point1:複数遺伝子の一括検出

  • 一度に9種の病原体の遺伝子検出が可能
  • 手作業を大幅に低減し、検出時間の短縮を実現

Point2:簡便、短時間操作

  • 「 抽出」作業後、キット内のDNAチップカードにサンプル注入し、専用装置Genelyzer™ Ⅱにセット
  • 「 増幅」から「解析」までが全自動で約85分



ウシ呼吸器病遺伝子検出キット「Genelyzer™KIT A/BRDC-C」

測定対象遺伝子

01牛RSウイルス
02牛ウイルス性下痢ウイルスⅠ型
03牛ウイルス性下痢ウイルスⅡ型
04牛ヘルペスウイルス1型
05牛コロナウイルス
06マイコプラズマ・ボビス
07マイコプラズマ・ディスパー
08マイコプラズマ・ボビライニス
09マンヘミア・ヘモリティカ

製品仕様

名称ウシ呼吸器病遺伝子検出キット Genelyzer™ KIT A/BRDC-C
形式名DGLK-0002A
製品内容DNAチップカード、増幅試薬
検体数1カード1検体 (使い捨て)
サンプル牛の鼻汁もしくは鼻腔スワブから抽出した核酸溶液
核酸増幅方式LAMP法
検出方式電流検出型DNAチップ
保存温度-50℃~-20℃

開発背景

本製品は農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(平成25~27年度)において、開発したものです(プロジェクトNo. 25081C)。

参画機関:
東芝メディカルシステムズ株式会社 (社名は当時のもの)
全国農業協同組合連合会 家畜衛生研究所
全国農業協同組合連合会 ET 研究所
国立大学法人 長崎大学熱帯医学研究所