Dose Management

被ばくの可視化(DTS:Dose Tracking System)

DTS(Dose Tracking System) は、入射皮膚線量を可視化する、当社の革新的な新機能です。X線条件やCアームの角度、天板位置、照射範囲などから1照射ごとに計算。3D患者モデルを用いて、リアルタイムに入射皮膚線量をカラーマッピング表示します。照射の重なりによるホットスポットの防止に役立ちます。

Dose Tracking System(表示画面例)

DTSの動作

オートポジショニング

Cアームを設定するオートポジショニング機能に補償フィルタ位置やX線絞り位置の登録が可能です。

X線防護用具

術者被ばくの原因のほとんどは、被写体から散乱する散乱線被ばくです。被写体からの散乱線被ばくを確実に防止するツールで、レイアウトに応じて各種タイプから選択できます。