X線アンギオグラフィの線量低減技術の歴史

臨床目的に応じて患者さんにも術者にも 安心を提供できるトータルな線量低減を試みてきました。

当社のX線アンギオグラフィシステムの歴史はお客様と共に歩んできた道のりです。
困難なカテーテル手技を確実にサポートし、優れた画像を提供して、より安全・迅速に検査や治療を進める、このお客様の声をもとに最新の技術開発を進め、数多くのイノベーションを実現してきました。
今日、X線アンギオグラフィシステムは診断目的から、より低侵襲なインターベンションによる癌、心臓病、動脈硬化などのカテーテル治療に幅広く利用されるようになりました。この治療手技は、デジタル画像技術・IT技術が飛躍的に発達し、高画質なデジタル画像をリアルタイムで観察することができるようになったことにより実現したものといえます。
「治療に適した画像を保ちながら、いかに線量を低減できるか」を追求し、臨床目的に応じて患者さんにも術者にも安心を提供できるトータルな線量低減を試みてきました。

Dose Management

Fluoroscopy

Digital Imaging