概要

X線システムにおける線量低減機能

X線を用いる血管撮影では、患者さんのみならず、医療従事者や施設管理者にまで放射線被ばくのリスクが存在します。 すべての人に安心を提供するため、当社は線量をトータルにマネージメントする「DoseRite」を通じて、 よりよい未来の医療環境を創出します。

Library

-血管撮影装置の進化:PureBrain が導く被ばく低減への試み
田貫会 高瀬クリニック 循環器内科 長岡 秀樹 先生

Use of a Dose-dependent Follow-up Protocol and Mechanisms to Reduce Patients and Staff Radiation Exposure in Congenital and Structural Interventions
Jaclynn M. Sawdyほか(Nationwide Children’s Hospital)
使用装置:INFX-8000V

不整脈治療および末梢血管インターベンションにおける被ばく低減の試み~スポット透視の使用経験~
高橋 淳 先生/国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院循環器内科