様々な効率化

マルチビューレイアウト

処理したVR画像から直接CPRなどを生成可能。
そのまま血管解析やプラーク解析にも移行できます。

Auto Bone Removal機能

血管CTAの処理で一番困るのが骨の処理。Vitreaでは高速・高精度で骨除去の操作が可能です。
除去された骨は自動的に“骨”とタグを付けて保存されるのでフュージョンの際に手間がかかりません。

マルチシリーズ Fusion

頭部CTAや腹部の多相造影は、もはやルーチン検査になりました。
これらの複数シリーズ画像を読み込み、Fusionする機能はワークステーションには必須です。
Vitreaは、4シリーズの画像を読み込み、Fusionすることができます。