次世代三次元レンダリング技術 “Global Illumination(グローバル イルミネーション)”

Global Illuminationの特長

 
  1. 写実的で自然に近い三次元画像の生成
    単一方向の光線、反射のみでなく、多量の光線を緻密にシミュレートすることで、実像に近い仮想三次元画像を生成することが可能です。物体の形状、凹凸の把握が必要とされる整形領域や死亡時画像診断、また患者や他の診療科への説明、コミュニケーションなど、様々なシーンでその有効性を発揮し、医用画像に新たな付加価値を創出します。
    CT、MR、X線アンギオ装置で撮像された画像に対応します。

  2. 高速処理技術によるリアルタイム操作性を実現
    高い計算処理能力を持ち、膨大な計算量を要する同技術においても、回転、拡大・縮小、各種セグメンテーション等の操作を従来のボリュームレンダリング処理と遜色ない処理時間でリアルタイムに行えます。

※1, 2 Courtesy Prof. Prokop RadboudUMC, Nijmegen, the Netherlands

ベイズ推定法を用いたCT 4D Perfusion

VitreaのCT 4D-Perfusionアルゴリズムの特長

 
  1. ベイズ推定アルゴリズム

    ベイズ推定法を解析に組み込むことで、精度よく伝達関数を再現するアルゴリズムを搭載しています。
     ・ノイズに対する高いロバスト性
     ・より正確な定性、定量値
     ・トレーサーの遅延の影響を受けない
     ・安定した伝達関数

  2. 4D Similarity Filter

    ピクセル間のTDC類似性を利用し、空間分解能を失わない新ノイズ低減技術

VitreaのCT 4D-Perfusion(ベイズ推定法)の最新臨床経験やアルゴリズムの詳細についてご覧いただけます。
当社の急性期脳血管障害画像診断ソリューション
脳卒中センターにおける急性期脳梗塞の診断から治療~最新のモダリティと解析の活用~

日々の業務を支援するマネジメント機能

被ばく低減をサポートする、線量マネジメント*

 
任意のCTスキャナ、血管造影装置から得られる線量情報を、患者単位、プロトコル単位で指定した条件にしたがって分析し、グラフ表示します。
あらかじめ定義した閾値を超える線量値や検査時間の確認、装置ごと/操作者ごとの検査履歴などの確認が行えます。
また、分析結果をPDF形式のレポートやCSV形式のファイルとして出力できます。

*オプション