環境戦略の4本柱

資源生産性の最大化により、持続的発展が可能な社会の構築に貢献するというキヤノングループの環境保証理念に基づき、当社では環境戦略として以下に示す4本の柱を掲げています。少ない資源(原材料、エネルギー)で物を作り、サービスを提供していくことが、コスト低減だけでなく、お客様の経済性改善につながっていくという基本的な考え方になっています。

温暖化防止

有害物質廃除

省資源

生物多様性保全

Performance 2017年Goal 2020年
温暖化防止エネルギー使用量
年率4%増加(拠点*1年率1.2%改善(拠点)
年平均 増減なし(製品)年平均3%改善(製品)
有害物質廃除有害物質の排出量
年率36%増加*2(拠点)年率1.0%改善(拠点)
省資源廃棄物総排出量
年率0.6%増加(拠点)年率1.0%改善(拠点)
生物多様性の保全
  • ビオトープの維持
  • 生き物調査実施
  • 事業所を中心とした生物多様性への配慮
  • 生物多様性を育む社会づくりへの貢献

*1 拠点とは、国内生産拠点である那須本社のことを示しています。
*2 新規事業の立ち上げと製造工程移管のため