製品ライフサイクル

環境配慮型製品づくりの推進

環境配慮設計に関する国際電気標準規格「IEC60601-1-9」*1に準拠した製品開発・設計プロセスを構築し、製品企画から開発・生産・サービス・廃棄(リサイクル)までを視野に入れた製品ライフサイクルアセスメントを実施。環境配慮型製品づくりを推進しています。また、製品の環境性能向上のための技術開発にも力を入れています。

産業団体の環境活動への参画

日米欧各地域にある医療機器産業団体、および上位の国際団体であるDITTA*2に参画し、地球環境と経済性のバランスをとりながら環境活動への取り組みを推進しています。

*1国際電気標準規格「IEC60601-1-9」:年々厳しくなる各国の環境規制に医療システムを適合させるため、環境配慮設計の要求事項を規定した国際電気標準規格Ed.1.1(2013年発行)。
*2DITTA:国際画像診断治療機器業界会議(International Congress of Diagnostic Imaging and Therapy Systems Trade Association)