メッセージ

世界中の人々の健やかな生活を守るために医療の発展を支え続けること。Made for Lifeは、キヤノンメディカルシステムズの経営理念を象徴するスローガンです。 

インターンシップではリアルな業務体験や、現場社員との交流を通じて、弊社がどのように社会に貢献しているか、医療品質の向上に寄与しているかを体験いただきます。文理を問わず多様なプログラムを用意しております。インターンシップを通じてMade for Lifeを是非体験しませんか?

開発設計

概要

開発設計のインターンでは、実際の研究開発職場に入り、社員と同じように業務に取り組んでいただきます。一人ひとりにカスタマイズされたプログラムで、設定された課題に取り組み、成果を出すことにチャレンジしていただきます。実習期間中はサポートする社員が付きますので、分からないことがあったら何でも気軽に質問ができます。

募集要項 / 応募方法

日程 / 場所2019年2月12日~2月22日 / 本社 栃木県大田原市下石上1385番地
参加条件大学1年生以上の学生
募集テーマ全27テーマ
スケジュール
エントリー開始2018年11月9日(金)
エントリー締切2018年12月16日(日)
書類選考結果通知2019年1月上旬
実施日2019年2月12日~2月22日
応募方法こちらのリンク先(リクナビ)から応募ください
その他交通費や宿泊施設は当社規定に基づき、支給・提供いたします

「社員の方が人々の命を守る使命感を持って働いている姿を見て,高品質な製品を生み出すためには、いかに製品に携わる者が医師や患者様の立場に立つことができるかが重要であると思いました」

「国際色豊かな職場で、とても新鮮でした。もっと英語を勉強したいと思った。」

「実際の開発現場で社員と仕事をする中で、会社の雰囲気・求められる能力・開発設計職の考え方とやりがいを肌で感じることができた。」

「大学での研究と企業での開発設計の違いを体感し、本当に自分がやりたいことができる会社に就職したいと強く思った。」

「最先端の開発現場での業務を体感することで、今の自分に足りない能力を感じた。」 

「大学での研究内容が医療工学と関連しないと感じていたが、深い部分で繋がっていることに気付いた。」

国内営業(文理系)/ 営業技術・アプリ(理系)

概要

当社は医療機器(主に画像診断装置)のフィールドで、医療機関に対して最先端技術のソリューションを提供しています。インターンシップでは、医療機器がどのように世の中の医療品質向上に寄与しているのかを理解できますので、医療機器業界の社会貢献や、最先端技術のソリューションを顧客に提案する仕事のやりがいについてイメージできるようになります。

内容

医療機器業界とはどのようなものか、最先端の医療機器が貢献できることは何か、一緒に考えて行きます。例えば、『医療機器の販売を通じて、どうすれば患者さんの命を救えるのか?』などの課題について、グループで検討・提案するなど、双方向の参加型で進めます。 

また、少人数で組むグループごとに、当社社員(国内営業職・営業技術職など)がアドバイザーとして参加しますので、何でも気軽に質問ができます。医療業界について全く知らない方も心配要りませんのでご安心ください。

募集要項 / 応募方法

 国内営業(文理系)営業技術・アプリ(理系)
日程 / 場所2019年2月13日 / 東京会場
2019年2月15日 / 仙台会場
2019年2月18日 / 大阪会場
2019年2月21日 / 川崎会場
2019年2月25日 /名古屋会場
2019年2月27日 /福岡会場
2019年2月14日 / 東京会場
2019年2月15日 /仙台会場
2019年2月19日 / 大阪会場
2019年2月22日 /川崎会場
2019年2月25日 /名古屋会場
2019年2月27日 /福岡会場
参加条件大学1年生以上の学生
文系の学生
大学1年生以上の学生
理系の学生
スケジュール 
エントリー開始2018年11月9日(金)
エントリー締切2019年1月7日(金)
選考結果通知2019年1月下旬
応募方法こちらのリンク先(マイナビ)から応募ください
その他交通費や宿泊施設の支給・提供はありません

「インターンシップでは、医療機器の中でも疾患の早期診断やアフターフォローに使われる画像診断機器について詳しく知ることができ、強く惹かれました」

「現場で働いていらっしゃる社員の方から、営業技術の仕事内容や1週間の過ごし方について説明していただいたり、ロールプレイングで体験させていただいたりしたことで、医療機器業界やそこで活躍する営業技術の方のお仕事に対し具体的なイメージを持つことができました」

「最先端のデモ機を触らせていただき、とても貴重な体験ができました」

「ロールプレイの実施も、営業の難しさとともにやりがいを学ぶ、貴重な経験となりました」